FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-24(Fri)

同姓同名の結婚

ネットでニュースを見ていたら、こんな記事を発見。

「SNSのフェイスブックで知り合った米国の同姓同名の男女が結婚していたことが22日、わかったそうだ。

2人の名前はケリー〇・ヒルブランさん、奇跡のカップルの誕生は全米に、驚きを呼んでいる。

AP通信などによると、マイアミの大学生だった女性のケリーさん(当時20歳)が昨年2月にで、自分と同姓同名の人物を探してメールを出したのがきっかけらしい。

検索の結果、該当した人物は1人。テキサスで金融サービスの会社に勤めている、男性のケリーさん(当時24歳)だった。

男性はこの時のことを「面白いと思った。でも結婚するとまでは」と振り返った。

そしてお互いが、2回メールを交換。3カ月後には電話で話す仲になっていたという。

そして何回かデートを重ねて、昨年10月にフロリダで式を挙げた。これは最初のメールから約8カ月での出来事だった。

女性のケリーさんは「すべてが奇跡だわ」と話した。

ただし、夫婦で同姓同名というのは困ったことも多いのだという。

たとえば、旅行でチケットを取っても、旅行会社がダブったと“勘違い”して、1枚しか購入できなかったこともあったそうだ。」


最近の日本の映画でも、同姓同名の不思議(記憶のシンクロニシティ)を扱っているものがあった。

まあ、ワシとしては、姓名同格の場合、相性はいいかも知れんが、事件・事故を呼び込みやすいので歓迎できん。

これも3人にもなると危険度がさらに高くなる^^:。

日本にも男女どちらでも使える名前は多いが、そんな御仁を探すのはお勧めせんぞ! 
 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。